SecurDisc ロゴ

SecurDisc 3.0 登場!

  • 専用のハードウェアは必要ありません!
  • あらゆる書き込みドライブで、SecurDisc テクノロジを使用してディスクを書き込むことができます。
  • 強力なデータ保護とデータの長期にわたる可読性を持つ CD、DVD、およびブルーレイディスクが作成できます。
  • 機密データをスパイ行為から守ります。パスワード保護でディスクへの不正アクセスを防止します。
  • ディスクに保存されたデータの内容を検証します。デジタル署名により発信証明を保証します。
  • ディスクの劣化からデータを保護します。ディスクの劣化によってデータが失われる可能性がある場合は、警告でお知らせします。
  • 破損したディスクからデータを復元します。データ信頼性機能はデータを復旧できる可能性を大きく向上させます。
  • 安全で強化されたディスク保護機能により重要な情報や機密データを守ります。
 

SecurDisc - ディスクの保護と書き込みの信頼性を最大限に高める

SecurDisc 3.0 は、CD、DVD、ブルーレイディスク用の包括的な最新鋭の保護ソリューションで、データ、音楽、写真、およびビデオファイルに対して様々なレベル設定での保護を提供します。機密データは SecurDisc で保護されるので安心してお使いいただけます。

SecurDisc でディスクを保護

SecurDisc の利点:

  • データ信頼性: 破損したディスクからのデータ復元が簡単に行えます。
  • パスワード保護: 不正アクセスを防止します。
  • データ整合性: チェックサム検証により改ざんされたデータを検出します。
  • デジタル署名: デジタル署名検証によりデータの発行元を検証します。
  • 表面スキャン: 書き込んだディスクの信頼性をさらに高めます。

Nero 2014 Platinum, Nero 2014, Nero Burning ROM 2014 などの Nero 製品に収録されています。

SecurDisc 3.0 を今すぐお試しください!SecureDisc 3.0 は、Nero 2014 に収録されています。

Nero 2014 の体験版が無料でダウンロードできます。Nero 2014 は簡単な編集から高度な編集にまで対応したビデオ編集、信頼性の高いバックアップ、およびディスク書き込みを実行できる包括的なマルチメディアソリューションです。

ダウンロード

SecurDisc 3.0 を使ってデータを保護する方法

SecurDisc は、ユーザーが様々なセキュリティ・オプションを設定することで、重要な機密データを保護します。SecurDisc による、よくあるセキュリティの問題の解決方法を、下記の説明でご確認ください。


セキュリティの問題 1
破損したディスクからデータを復元するにはどうするか?誤って傷付けてしまったディスクからファイルを復元、取り出したい。
SecurDiscのソリューション:データ信頼性機能は、破損したディスクからデータを復元します

すべてのファイルがディスクにコピーされた後、SecurDisc はディスク上の空き領域を使用して、冗長データとチェックサムデータを追加記録します。これによって、ディスク自体が傷付いた場合でも、ファイルを復元できる可能性が大幅に向上します。
SecurDisc は、破損した CD、DVD、またはブルーレイディスクからデータを復元できる可能性を飛躍的に向上させます。引っかきキズがあっても経年劣化していても、データの信頼性が保持されます。
光学メディアにデータを記録する場合、その容量すべてを使い切ることはあまりなく、実際はかなりの容量が未使用のまま残ります。
SecurDisc のデータ信頼性機能はすべての書き込みに適用され、未使用の領域にデータを複数回にわたって効率的に記録することで、ディスクの破損からファイルを守ります。

セキュリティの問題 2
ファイルへの不正アクセスをどうすれば防止できるのか?機密データをスパイ行為から守りたい。
SecurDisc のソリューション: パスワード保護はスパイ行為を防止します

SecurDisc を使用すれば、パスワード保護されたディスクを作成できます。ファイルやフォルダの中身を確認したい場合は、そのための正しいパスワードを入力する必要があります。自分でパスワードを設定して、誰にそのパスワードを知らせるかを決定し、重要な情報へのアクセスを制限できるため安心です。
SecurDisc は、銀行や米国政府で使用されている暗号化規格 AES-128 を使用して、機密データを確実に保護します。ファイルやフォルダの中身を確認したい場合は、そのための正しいパスワードを入力する必要があります。保護されたデータにアクセスできるのは、SecurDisc Viewer で正しいパスワードを入力した場合のみです。
推奨されるパスワードの長さは最低 16 文字とされています。分かりやすい単語でなく 1 つの文章をパスワードとして入力して AES-128 ビット暗号化で保護すれば、セキュリティはさらに高まります。

セキュリティの問題 3
重要なデータを長期間保存するにはどうするか?ディスクが時間の経過とともに劣化し、傷付く可能性があることはわかっていても、CD や DVD に記録した家族の写真やビデオを長期間保存し、いつでも読み込めるようにしたい。
SecurDisc のソリューション: データ整合性チェック機能は、ディスクの劣化からデータを保護します
ディスクの劣化自体を防ぐことはできませんが、ディスク上のデータが永久に失われる恐れがある場合、SecurDisc はユーザーに警告して別のディスクにデータをバックアップする機会を与えます。
SecurDisc では、データ整合性チェックによって保護が強化されます。ディスクデータが劣化している可能性がある場合は警告が表示され、別のディスクにデータをバックアップすることを促します。
データ整合性チェック機能はセキュリティのために常に有効にされており、特別なチェックサムアルゴリズムを使用してディスクエラーを検出し、ユーザーに警告することでデータを安全かつ復元可能な状態に保ちます。

セキュリティの問題 4
機密データを転送するにはどうするか? 取り扱いに十分な注意を必要とする機密情報を関係者に安全に送付し、万一ディスクを紛失した場合でも情報が漏れないようにしたい。
SecurDisc のソリューション: デジタル署名は、ファイルの真正性を検証します

SecurDisc はディスクに署名を行い、含まれる情報が正しいことと、情報が改ざんされていないことを保証します。
たとえば、医師は機密の医療ファイルを保存したディスクをデジタル署名し、それを公開鍵と一緒に受取人に渡すことができます。受取人はその鍵を使用してディスク内容の信頼性を検証し、それらが正しく、改ざんされていないデータであることを確認できます。
重要なファイルをある人から別の人に転送するときは、受け取る人はデータが真正であり改ざんされていないことを検証する必要があります。
SecurDisc では、信頼された署名鍵を使って SecurDisc ディスク全体をデジタル署名できます。暗号化されたデジタル署名をアプリケーションから直接作成し、ディスクを受け取る人に配布します。これによって、そのデジタル署名を一意の検証キーとして使用してデータの真正性を検証することができます。

セキュリティの問題 5
書き込み先ディスクにデータが確実に書き込まれるようにするにはどうするか?問題なく再生できるディスクを家族や友人に送付できるようにしたい。
SecureDisc のソリューション: 表面スキャンは、書き込み先ディスクの信頼性を確保します

SecurDisc の表面スキャンは、書き込みを行うだけでなく、書き込んだディスクの信頼性をさらに高めます。
表面スキャンでは、ディスクの表面に傷などのエラーがないかどうかがチェックされ、書き込み後すぐにディスク表面の読み込みエラー状態をチェックします。表面スキャンをすべての書き込みに対して実行することで、保管または再生する前のディスクからエラーを確実になくすことができます。

 

SecurDisc で保護されたディスクのコンテンツにアクセスする必要があるにもかかわらず、お使いの製品に SecurDisc Viewer が搭載されていない場合には?
最新版の SecureDisc Viewer を ダウンロード して、ディスクに書き込まれたコンテンツにアクセスしてください(PDF ファイルのコピーガードには対応していません)。